園長挨拶 教育方針 保育内容 園ブログ 園の一日 年間の行事 アクセス
前に戻る
なおとのママ

なおとのママ

保育所は自由できまりがない分、しつけの面が心配だったので…。
幼稚園では集団生活の中で“いすに座って
先生の話を聞く” “きまりを守る”など
入学直後から学習に必要な態度が身に付いたと思います。
入学式中にバタバタしている子を尻目に
静かに座っていた我が子が誇らしかったですよ(笑)。
また、保育所よりも幼稚園は親子で参加する行事が多くて、
家庭では見せない子どもの一面を見ることができてよかったです。
仕事を持っていましたが、有給休暇や職場の協力のおかげで、
行事への参加に支障はありませんでした。
こうたのママ

こうたのママ

英語とスイミング、スポーツ教室を習いました。
いつも生活している場所なので
課外教室と言っても子どもは入りやすかったようで
楽しんでいました。
保育時間後なので、教室まで送ったり待ったりする時間がいらず
親にとっては負担が少なかったです。
課外教室でなかったら
習い事としてやっていなかったかも知れません。
気負わず「いつやめてもいいよ」と軽い気持ちで
子どもの背中を押してあげられました。
課外教室でできるようになり
「子どものやる気」を出すきっかけになりました。
他のクラスのお母さんとも仲良くなれました。
ゆうとのママ

ゆうとのママ

年少のときは「行くよ」と声をかけるとすんなりと出かけられました。
年中になると、テレビ番組を見ていて
このコーナーが終わったら帽子をかぶって登園の準備をするなど
スクールバスの送迎時間に合わせて規則正しい生活ができたと思います。
また、子どもがお友達の家を覚えて
「ここが○○ちゃんのおうち」「この道、通ったことある」など
よく話してくれました。
小学校にあがったときに、用事があって子どものお友達の家に行く時には
場所を教えてもらっていたので役立っています。
子どもは3年間で正確に覚えていました。
こずえのママ

こずえのママ

小学校にあがってから困らないように、と考えて幼稚園を選びました。
幼稚園は、団体行動がとれる、あいさつができるなど
基本的なしつけができています。
また、文字遊びを通して、しっかりと小学校入学準備ができたと思います。
また、いろいろな体験を通じて、がんばる気持ちやチャレンジする力
友達同士の思いやりの気持ちが芽生えたり
心が成長しているなと思える場面がたくさんありました。
はるきのママ

はるきのママ

1日単位、しかも低料金だったので利用しやすかったです。
フルタイムで働いていたときは毎日6時まで
でも家計の負担にはならない額でした。
また、土曜日もお願いできたので安心して仕事を持てました。
パートのママ友だちは、週に2、3回とか。
3年間、働く私たちを応援してくれているなと感じました。
おやつもあって、他の学年の子とも遊べて
子どもは楽しかったと言っています。
こうすけのママ

こうすけのママ

園を選ぶ時に、アレルギーにどのような対応をして頂けるか尋ねました。
子どもの治療の経過や給食の食材について等頻繁に連絡をとりあい
実際、代用の食材で他の子と同様の給食が食べられて
さみしい思いをさせない工夫をしてもらえました。
さくら幼稚園では、園内で完全給食を調理するので可能だったと思います。
また、園内で作るから温かい給食が食べられるのも魅力でした。
ゆうこママ

ゆうこママ

先生は外国人なので日本語を話さないそうです。
おかげで一生懸命聞こう、伝えようとする力がつきました。
英語の歌を口ずさんだり
町の中で外国の人に「Hello!」と声をかけたりした時は驚きました。