園長挨拶 教育方針 保育内容 園ブログ 園の一日 年間の行事 アクセス
前に戻る

教育・保育方針

幼児期にふさわしい生活を楽しく展開する中で
遊びを通して様々な体験を積み重ね
その心身の調和的な発達を促すことを基本とします。
また、家庭との連携を密にし
幼児・教師・保護者の信頼関係を十分に築き
幼児一人一人の発達の特性に即した指導を
柔軟に展開するよう努力します。

幼児期は人格形成の基礎づくりの時期です。
心身ともに健康でたくましい子どもに育つよう
楽しく充実した生活を送り
一人一人のお子様の成長を大切に見守り寄り添いながら
全職員が一致協力して教育・保育にあたります。
幼児にふさわしい環境を準備し
人や自然・社会とかかわって
主体的に生きる基本を身につけていけるよう
総合的な教育計画を立て実施します。

教育・保育目標

1. 基本的な生活習慣・態度を育て、健全な心身の基礎を培う。
2. 人への愛情や信頼感を育てるとともに、自立・協調の態度、道徳性の芽生えを培う。
3. 自然や身近な事象への興味や関心を育て、豊かな心情・思考力を育てる。
4. 日常生活の中で、言葉への興味関心を育て、話す・聞く態度、言葉に対する感覚を養う。
5. 多様な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性を豊かにする。

目指す幼児像(ねらい)
1. じょうぶな体の子
2. やさしい心の子
3. やる気がある子
4. 考える子
5. 感動を表現できる子